白髪染めの種類とその違い

トップページ » 白髪ケアとヘアカラーについて » 白髪染めの種類とその違いとは

白髪染めの種類とその違いとは

白髪染め選びに困る女性

白髪染めにはたくさんの種類がありますが、
大きくわけると、

ヘアカラータイプ、ヘアマニキュアタイプ、ヘアカラートリートメントタイプ、
シャンプータイプ、一時染めタイプ

があります。

ヘアカラータイプ

基本的にヘアカラータイプは、髪の内部に染料を浸透させて色をつけます。
一昔前は定番だった臭いと刺激が強いものがこれにあたります。

ヘアマニキュアタイプ(トリートメントタイプ)

ヘアマニキュアタイプは、その名の通り、髪用のマニキュアをつけることです。

ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけるだけなので、
髪の内部にカラーが浸透することがないので色落ちしやすい点が難点です。
綺麗な色を保つためには3〜4日から1週間に一度くらいのカラーリングが必要です。

また、今人気の白髪染めトリートメントもトリートメントタイプのヘアマニキュアです。

日常的にシャンプーの後に行うトリートメントで、一緒にカラーリングできることから白髪染めとしての手間が掛からずに根元まで自然な染め上がりをキープできるのが人気の理由です。

定番のトリートメントタイプのほかに、ムースタイプがあります。
ムースタイプは、従来のヘアカラーと同じように使用します。色持ちもトリートメントより長いものが一般的。
種類はヘアマニキュアに分類されます。

→今人気のカラートリートメントがわかる!白髪染めトリートメントおすすめランキングはこちら

シャンプータイプ

シャンプータイプは徐々に髪に色をつけていくもので、すぐには染まりませんが、髪や頭皮に優しい毛染めです。
トリートメントと同様でこちらはシャンプーに染料が入っているヘアマニキュアです。

トリートメント同様で、シャンプーに染料が配合されているのでシャンプーしながら染められます。

シャンプーしながら染められるという点で、手間が掛からず染められ毎日のシャンプーで根元まで自然な染め上がりをキープできる手軽さも人気の理由です。
今人気のシャンプーしながら染まる白髪染め!利尻白髪染めシャンプー初回キャンペーン中!

一時染めタイプ

一時染めタイプは、スプレーや固形バーなどで一時的に白髪に色をつける方法です。

髪を洗うと落ちてしまいます。
サッと色づけ出来る反面カラーリングの持続性は最も短いと言えます。

今人気の白髪染めは

白髪染めとトリートメントのイイ所取りで、1つで二役の2in1タイプと言えます。

このように成分の違いや液体、泡タイプなどの違い、やり方の違い、目的の違いなどがありますが、

今人気の白髪染めトリートメントは、
『髪をいたわる美容成分』と『ウコンや草花などの天然染料で』優しく染める白髪染めです。

従来のトリートメントを、白髪染めトリートメントへと変えるだけの手軽さも人気の理由です。

このコラムを読まれた方は、コチラもご覧になってます。

ルプルプ
iPS研究をサポートするタカラバイオと共同開発! 人気保湿成分と、天然染料で優しく染めてトリートメント!
トリートメントタイプの白髪染めが人気の理由とは

タイプ別で選ぶ!ヘアカラー&ヘアケア特集!

ヘアカラートリートメント人気ランキング
カラーリングとトリートメントが一つになった、今一番人気の白髪染めトリートメント!
ヘアカラームースランキング
泡で染める!ムースタイプの白髪染め!
色付きも良く選ばれる方が増えてます。
スカルプシャンプー特集
毎日のシャンプーが負担が髪にダメージ与えてませんか?
浸透力が違う!炭酸ヘッドスパ特集
浸透力が違う!炭酸の力!! 鏡を見たくなる美しいハリのある髪へ導く新発想ヘッドスパ